MakerDAOの近況と将来性 競合の有無やデータを基にした投資判断

目次

  • 前提
  • MakerDAOの近況
  • 競合や懸念
  • 投資判断
  • 結論

前提

本レポートではMakerDAOの近況と独自トークンMKRの投資判断を行います。DeFiの盛り上がりに伴ってDAIの発行数は100億円から900億円まで9倍に伸びましたが、MKRの価格は$400~$600を推移しています(MKRは新規発行がほとんどないため以下でも時価総額ではなく価格を基準として使います)。
次節以降ではMakerDAOの近況、発行量や手数料の具体的な数値、競合や懸念に焦点をあててMakerDAOの将来性を分析していきます。8月版のマーケットレポートでもMKRに軽く触れていますので、そちらも併せてご覧ください。
*参照レポート:【20年8月版】暗号資産マーケットレポート
https://hashhub-research.com/articles/2020-08-02-market-report
https://www.coingecko.com/en/coins/maker/eth
※免責
本レポートは、投資を助言または推奨するものではなく、情報提供と教育のみを目的としています。お客様が本レポートで参照される暗号資産または関連するアセットに関して投資判断を行う場合は、事前にご自身でリサーチ及びデューデリジェンスを実施していただく必要があります。

Executive Summary

  • MakerDAOのMKRに割安感あり
  • 理由は数ヶ月で9倍にもなったDAIの発行量
  • その他のDeFi銘柄と比較した場合の上昇率の小ささ
  • 将来性の高さと競合の少なさ

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。