UniswapのガバナンストークンUNIの概要 イールドファーミングの参加方法

目次

  • 前提
  • UNIのユースケース・ガバナンス
  • UniswapのUNIトークンがフェアなローンチであると言える理由
  • イールドファーミングの参加方法
  • 総論

前提

本レポートでは、UniswapのガバナンストークンUNIの概要およびイールドファーミング参加方法について解説します。Uniswapは2018年に公開されたEthereum上のDEX(分散取引所)で、最も主要なDeFi(分散型金融)プロジェクトの一つです。最近では2020年8月に米国最大の中央集権型取引所であるCoinbaseの取引高を超える日が観測されるなど、利用者が増えています。同プロジェクトの基本的な仕組みは下記レポートで解説しています。
関連レポート:Uniswapの概要 Ethereum上で急速に存在感を高めたDEXの仕組み、インセンティブ設計
https://hashhub-research.com/articles/2019-03-28-uniswap-overview
多くのDeFiプロジェクトはプロダクトのローンチ時、あるいはローンチ前からトークンを発行する形式が多かったものの、Uniswapはプロダクトが公開されて2年の間、トークンを発行せずに運営されてきました。そのUniswapは2020年9月に、ガバナンストークンUNIを発行することを発表しました。
本レポートでは、UNIのユースケース・ガバナンスなどについて解説します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。