暗号資産の今後のビジネス環境を金融庁のパブリックコメントの回答から読み解く

目次

  • 前提
  • PoS関連
  • カストディについて
  • レバレッジ規制・デリバティブ規制
  • リスク評価
  • 総論

前提

4月3日に『令和元年資金決済法等改正に係る政令・内閣府令案等に対するパブリックコメントの結果等』が金融庁より発表されました。
こちらはタイトルにもある通り、資金決済法等改正に対するパブリックコメントとそれに対する回答であり、内容はPoSでのトークン発行やカストディ、デリバティブ、コールドウォレット規制など多岐にわたります。
令和元年資金決済法等改正に係る政令・内閣府令案等に対するパブリックコメントの結果等について
https://www.fsa.go.jp/news/r1/sonota/20200403/20200403.html
本レポートでは、281の質問・回答ペアを要約し、簡単にまとめた上での展望を付記します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。