【20年4月版】暗号資産マーケットレポート

目次

  • 前提
  • 投資対象として監視している銘柄三選
  • 投資対象から外しているコイン
  • 投資対象外だが空売り対象外でもあるコイン
  • DeFiの利用について
  • 総論

前提

今月から月に一本のペースで暗号資産市場の概観を行います。
内容は主に筆者が監視対象としている銘柄の紹介と注目している動向です。筆者はデイトレードのような短期トレードは基本的にはせず、ファンダメンタルズ分析をベースにして週単位・月単位で売買することがほとんどです。また、各種アルトコインには注目しているものの、ポートフォリオのほとんどがBTCとETHとステーブルコイン(USDC, DAI)で占められており、それ以外のコインのシェアはどの時期でも25%以下であることが基本です。
本シリーズをご覧頂くにあたって、これらは全て筆者の個人的な分析であり投資アドバイスではない点、また暗号資産市場全体が大きく下落したり上昇したりする際には個別の銘柄分析が持つ意味は大きく損なわれる点は予めご了承下さい。

本レポートでは暗号資産トレードにおいて筆者が現時点で監視しているコインと投資対象外としているコインとその理由を列挙します。COVID-19の影響もあり、暗号資産のみならず既存金融市場も大きな下落を見せており、「落ちてくるナイフは掴むな」という格言がある通り、下落トレンドにある銘柄を買いから入ることは推奨されません。
本レポートでは空売りが可能な銘柄や下落トレンドにおいてもある程度の価格算出ができる銘柄を紹介しています。ただし、周知の通り暗号資産はBitcoinやEthereumでさえ理論的な価値の裏付けや金融工学を用いた適正価格の算出はできませんので、ここで紹介する方法も全て仮説でしかない点に注意して下さい。
※本レポートで監視対象として紹介しているMKR, KNC, BNBのうち筆者は現在BNBを少量保有している他、BTC, ETH, USDCを保有しています。

このレポートは会員登録ユーザー限定のレポートです。

ユーザー登録すると無料で続きをお読みいただけます。