Uniswapでの具体的な運用手法と注意点

目次

  • 前提
  • Uniswapへの流動性提供とは
  • Uniswapでの実運用実績とリスクについて
  • Uniswapへの流動性提供はレンディングの代わりになるか

前提

本レポートではUniswapでの運用の具体例について紹介します。最近ではUniswap一部ペアの取引高プールサイズ比が50%程度となり、プールの回転率が大幅に上がったことで年利が40%を超えています。これらの数字の具体的な意味は後ほど解説します。
レンディングプラットフォームの盛り上がりが必然となった現在、ミドルリスク・ミドルリターンを狙えるUniswapへの流動性提供も理解しておくと資産管理の際に役立ちます。
Uniswapについて基本情報はこちらのレポートで解説しています。
*レポート:Uniswap の概要。Ethereum 上で急速に存在感を高めた DEX の仕組み、インセンティブ設計
https://hashhub-research.com/articles/2019-03-28-uniswap-overview

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。