深セン市(深圳市)とTencentによるブロックチェーンを用いた 電子領収書発行システムの概観

目次

  • はじめに
  • 中国における領収書「発票 (ファーピャオ)」とは
  • ブロックチェーンを用いた電子領収書の仕組み・メリット
  • 電子領収書に関する過去の取り組み
  • ベースとなっているTencentのBaaS “TBaaS”
  • 今後の展望
  • 参考文献・Special Thanks

はじめに

2018年8月10日、中国・深セン市内のレストランで、中国初のブロックチェーン電子領収書が発行されたことが話題になりました。
深圳市税務局とTencentは、同年5月から人工知能・ブロックチェーン・ビッグデータなどの先進技術の税務面での応用を研究する「智能税 (Smart Tax)」プロジェクトを進めてきました。ブロックチェーン電子領収書は、共同研究の注力領域のうちの一つであり、わずか3ヶ月で共同研究が実用化されたということになります。
このブロックチェーン領収書発行システムは、第一号の領収書が発行されたレストラン (国贸旋转餐厅) の他に、市営スタジアムの駐車場や、自動車修理工場、Tencent直営のカフェで、最初に採用されました。その後ブロックチェーン領収書は急速な広がりを見せ、2019年12月時点では、パシフィックコーヒー (太平洋咖啡) などの飲食店、WalmartやPAGODA (百果园) などの小売店など、市内52のチェーン店で利用可能となっているほか、高速鉄道の深セン北駅やタクシーなどの交通機関にも拡大している。ローンチから1年4ヶ月の期間で、発行されたブロックチェーン領収書は1500万枚、額面で96.4億元にものぼり、一日あたり平均利用者は2万人に達しています。
▲深センの国贸旋转餐厅で発行された全国初のブロックチェーン領収書

このレポートはProプラン限定のレポートです。

Proプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。