エンタープライズブロックチェーンのインターオペラビリティの動向 AccentureやCOSMOS IBCなど

目次

  • 前提
  • エンタープライズブロックチェーンのインターオペラビリティは必要か
  • Accentureなどが推進するエンタープライズブロックチェーンのインターオペラビリティ
  • COSMOSのIBC規格はエンタープライズでも利用可能
  • インターオペラビリティを考慮しないでパブリックブロックチェーンを利用するというアプローチ
  • 総論

前提

本レポートでは、エンタープライズブロックチェーンのインターオペラビリティ(相互運用)の動向を概観します。
ロックチェーンのインターオペラビリティは、主にパブリックブロックチェーンで注目される技術トレンドです。ブロックチェーンのインターオペラビリティとは、一般的に、異なる2つのブロックチェーンのアセットやデータを、集権的なクライアントサーバシステムを経由せずに通信しあうことを指します。
具体的なプロジェクトとしては、COSMOSやPolkadotなどが、複数のブロックチェーンのネットワークを接続する構想を立てています。
*レポート:異なるブロックチェーンを相互通信するcosmosの仕組みを理解する(2019年8月改訂版)
https://hashhub-research.com/articles/2019-08-22-cosmos-overview
*参考レポート:【Polkadot for dummies】初心者のためのPolkadot
このようなブロックチェーンの相互利用は、エンタープライズブロックチェーンの分野でも研究開発が行われており、今回のレポートではその概観を目指します。

このレポートはProプラン限定のレポートです。

Proプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。