ステーキングを行うユーザーは何を求めているか。行動傾向、ステーキング業界を表す10つの要点

目次

  • 前提
  • ステーキングを行うユーザーは何を求めているか、行動傾向
  • ステーキング業界を表す10つの要点
  • 総論

前提

ステーキングに関する情報サイトであるStakingrewords.com
(参照: https://stakingrewards.com/ )は、ステーキング関連の主要プレーヤー16とユーザー224に、インタビューやアンケートを行いました。
ステーキングの主要プレーヤーはバリデータプール、ユーザーはトークンを保有してステーキングする人たちのことを指します。
インタビューに参加したバリデータプールは、 Figment Networks、Staked、Chorus Oneなどです。
その調査から得られたステーキング領域の現状に関する10の要点がこちらで纏められています。
10 Key Take-Aways from the Staking Ecosystem Case Study
https://blog.stakingrewards.com/10-key-take-away-from-the-stakingrewards-case-study/
また、ユーザーインタビューが下記です。
本レポートでは、これを要約し、一部考察を付け加えます。
PoSに関連する事業者、事業環境についてのレポートはこれまでも下記のレポートで配信しています。
*レポート:これから出来るProof of Stakeの経済圏、その周辺のビジネスレイヤー、その考えうる影響など
https://hashhub-research.com/articles/2018-12-12-pos-economics
*レポート:2019年4月現在のPoSを取り巻く現状を数字で概観する。今後の市場動向予測やバリデータプール事業者の競争環境について
https://hashhub-research.com/articles/2019-04-11-state-of-pos

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。