『伽藍とバザール』を今読む。暗号通貨・ブロックチェーンとオープンソース

目次

  • 前提
  • 伽藍とバザール
  • バザール方式に必要不可欠な前提条件
  • 伽藍とバザールとブロックチェーン
  • 商業企業とオープンソース、これからブロックチェーン業界で起こるであろうこと
  • 総論

前提

ソフトウェア開発において、オープンソースは非常に大きい影響を及ぼしてきたことは今更言うまでもありません。
インターネット上のサーバのほとんどがLinuxサーバであり、AndroidはLinuxをベースにしており、ほとんどの家電製品はLinuxで動いています。
そのLinuxは、同じくオープンソースのUnixをベースに開発されました。MacOSはUnixをベースにしています。
また、今、最もシェアが大きいブラウザであるGoogle ChromeはオープンソースのChromiumをベースとしており、chromiumはネットスケープがオープンソース化したブラウザに影響を受けています。
全てのソフトウェアがゼロから開発するのではなく、なにかしらの形でコードが公開されているオープンソースソフトウェアの恩恵を受けています。
その点でソフトウェア開発とオープンソースは切り離せないですが、これがブロックチェーンの場合、特に顕著です。
価値や資産そのものを扱うソフトウェアであるブロックチェーンのクライアントなどはオープンソースでなければ使用するに値せず、自然とオープンソースが当たり前になっているのが、特にこの業界です。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ