オンチェーンガバナンスと自律的アップデートを特徴とするブロックチェーンTezosの概要、設計、周辺プロジェクト

目次

  • 前提
  • Tezosのオンチェーンガバナンスとソフトウェアの自律的アップデート
  • コンセンサスアルゴリズム・LPoS、ブロック生成の仕組み
  • スマートコントラクトの形式検証
  • TezosのICO・トークンディストリビューション
  • Tezosの過去のトラブルや訴訟について
  • Tezos上のプロジェクトやアプリケーション
  • Tezosの特徴などを踏まえての評価や、その他のパブリックブロックチェーンに対しての優位性の有無
  • 総論

前提

本レポートではTezosの概要リサーチ、および周辺プロジェクトについて解説します。
Tezosは、オンチェーンガバナンスによる自律的なアップデート、および形式検証が可能なスマートコントラクトが特徴として知られるブロックチェーンです。
メタコンセンサス機能を持つスマートコントラクトプラットフォームであり、プロトコルそのものの修正がハードフォークなしで可能であることが最も特徴的な点で、リリース時点でのホワイトペーパーでもその点に焦点が当てられています。
Tezosは2018年9月にメインネットがリリースしています。
Tezosは2017年から2018年にかけて、内紛とそれに伴う訴訟が起きていたことでも知られます。
レポート全文ではそれらを含め、Tezosの全体像をカバーします。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ