ブロックチェーンプロジェクトのトークン設計。Working Capital、Medallion Modelというトレンド

目次

  • 前提
  • タクシーのメダリオンから着想を得たトークンモデル
  • Working Capitalのトークン設計をするプロジェクト
  • Working Capitalにデリゲート(委任投票)も応用したパターン
  • 総論

前提

本レポートでは、ブロックチェーンプロジェクトのトークン設計、中でもWorking Capital、Medallion Modelというトレンドについて取り上げます。
トークンの設計手法として「特定の経済圏での価値交換媒体」というモデルはトークン価値が極めて上がりにくく、機能しにくいという結論は2017年時点でおおよそ明らかになっています。その後、様々なプロジェクトがトークン設計を模索しており、その分析などは定期的にd10n Labでもレポートを配信しています。
*レポート:ユティリティートークンは価値を説明できるか。2019Q1の最新の状況から改めて考察をする。
https://hashhub-research.com/articles/2019-01-17-value-of-utility-token
本レポートで扱うWorking Capital、Medallion Modelと時折呼ばれるモデルは、最近増えているトークン設計手法のカテゴリです。なおWorking Capital、Medallion Modelといういずれの名称も論文などが発表されているわけでもなく、正式な呼び名が定義されているわけではありません。ですが、これは最近のトーク設計の新しいカテゴリであると言ってもよく、本レポートでは便宜上Working Capitalという名称で統一してこのトークン設計について解説します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。