暗号通貨規制に関わるFATF勧告について知っておくべきことと本件に対する所感

目次

  • 前提
  • FATF勧告についての前提理解
  • Chainalysisのパブリックコメントを読む
  • 筆者の所感
  • FATFのガイダンスが採択されたユーザー体験をイメージしてみる。

前提

先週末に福岡で開催されたG20が終了し、6月中にはFATFでの暗号通貨の規制に対する解釈ノート・ガイダンスが採択予定で、話題になっています。本件について、オピニオンコラムという形で触れます。各メディアで報道されている通り中期に渡りFATFの動向が、事業者やユーザーに与える影響は多いでしょう。
また、本件に関して、話題になっているもののまだ決定した事項ではないことと、筆者は法律や規制の専門家ではないことを明記しておきます。今回のコラムでは概要説明と、筆者が1ユーザーとして本件の影響予想や所感を述べるものです。
本コラムは、法的なアドバイスでは一切ありません。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。