Loom Networkの概要、仕組み、トークンの評価サイドチェーンによるEthereumのスケーリング

目次

  • 前提
  • Loom Networkの全体図
  • Loom NetworkのPlasmaChainのコンセンサスレイヤー、DPoSがどのように機能するか
  • Loom NetworkのPlasmaChainのバリデータノードになる方法
  • PlasmaChainのバリデータノードのインセンティブ
  • Plasma CashのアーキテクチャとトークンのEXIT
  • ICO・資金調達・トークンのディストリビューションについて
  • Loom Networkのサイドプロジェクト
  • プロジェクト、トークンに対する評価
  • 総論

前提

本レポートでは、Loom Networkについて解説と考察を行います。

Loom NetworkはEthereumのサイドチェーンとして機能をし、DPoS(Delegated Proof of Stake)でセキュリティを保つことを特徴としています。

サイドチェーンのコンセンサスアルゴリズムは、BPFT形式のDPoSで、EOSやTendermintに近い性質を持ちます。様々なアプリケーション、DAppsを構築するためのサイドチェーンであり、SDKの提供もしています。

これまでCeler NetworkなどState Channelを使用するプロジェクトのレポートは配信しましたが、異なるレイヤー2のアプローチです。

*レポート:Celer Networkの概要。Ethereumのレイヤー2であるState Channelを用いたプロジェクトの仕組み・トークン設計など
https://hashhub-research.com/articles/2019-05-16-celer-network-overview

Loom Networkが2018年3月にメインネットが公開され、すでにいくつかのアプリケーションがLoom Network上に構築されています。

サイト:https://loomx.io/?fbclid=IwAR0MbvnCfO2cZ4ggrs2okBlSwir0Lr9shJKxV2Nc7CGzndaZgEHbQNlgwes

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ