Ethereumのウォレット、DAppsのUI/UXは将来どのように解決されるか マスアダプションを実現するための様々なアプローチの紹介

目次

  • 前提
  • 暗号通貨を持っていないユーザーでもDAppsのユーザーに(Fiat On Rump)
  • トークンの送信にETHはいらなくなる(Meta Transaction)
  • レイヤー2上のEthereumのアプリケーション(State Channel etc)
  • DAppsのユーザーエクスペリエンスを改善するツール
  • 将来のEthereumウォレットのUXを予感させるArgent
  • 総論

前提

本レポートでは、Ethereumのウォレット、DAppsのUI/UXは将来どのように解決されるか、マスアダプションを実現するための様々なアプローチを紹介します。
Ethereum上のアセットの管理、およびEthereum上のDAppsと呼ばれるもののUI/UXは依然アーリーアダプター層以下の人には使いづらいものになっています。
DAppsのトランザクションは、全てトランザクション手数料がgas(ETH)が必要であり、サービス提供者としては、ユーザーがETHを持っていることを基本的に前提にしてアプリケーションを設計しなくてはなりません。
この設計が限らない限り、Ethereumのアプリケーションの潜在ユーザーはETHを持っている人に限られることになり、対象ユーザーが非常に狭まります。秘密鍵の保管も同様であり、全ての人が秘密鍵を保管するリテラシーを持つわけではありません。こういった課題は長く業界で議論が行なわれており、様々なアプローチが行なわれて、解決策を実装したプロダクトも出始めています。
今回のレポートではそういった事例から様々なものを取り上げます。
具体的には、Meta Transaction、StateChannel、Fiat On Rump、Social Recoveryといった取り組みを既に実現しようしているアプリケーションやプロジェクトの紹介、他秘密鍵を意識させない方法など様々なものを紹介します。取り上げる範囲が網羅的であるため、各トピックの詳細な技術解説は行いませんが、Ethereumのユーザーエクスペリエンスが将来どのように変わっていくかを想像出来るレポートになるはずです。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。