ゲームアイテムのトレードに特化したブロックチェーンWAXの概要・仕組み

目次

  • ゲームアイテムのトレードに特化したブロックチェーンWAX
  • プロジェクト背景・チーム
  • WAXの基本的な技術アーキテクチャ
  • バリデータノードであるGuildsの役割
  • Transfer Agentsの役割
  • レーティングシステムとトラブル・係争時の仕組み
  • トークンのディストリビューション
  • WAXの仕組みやプロジェクトに対する考察
  • 総論

ゲームアイテムのトレードに特化したブロックチェーンWAX

本レポートでは、ゲームアイテムのトレードに特化したブロックチェーンWAXの概要・仕組みについて解説します。
WAXは、国内ではあまり注目されることがないプロジェクトですが、驚くべきことに、2018年の年末時点でEthereumやEOSのオンチェーントランザクション数を超えて、最もブロックチェーン上のトランザクション数が多いブロックチェーンです。もっとも、この数字はWAXのパブリックベータチェーンのものであり、フェイクボリュームが少なからず入っている可能性があることをご留意願います。(https://medium.com/wax-io/wax-token-holder-update-from-the-ceo-coo-november-2018-worldwide-asset-exchange-a6adffdec2f4)
WAXはこのパブリックベータでのテストが完了次第、2019Q2に独自ブロックチェーンに移行する予定です。執筆時点で、ネイティブトークンであるWAXも価格を伸ばしており、2018年1-3月は約60%の上昇幅を記録しており、coinmarketcap上の時価総額は80位程度に位置します。
WAXは元々、世界でも主要なオンラインゲームアイテムのリアルマネートレードのプラットフォームを運営している起業家たちが創業したプロジェクトです。そのため、新規にブロックチェーンゲームを作り始めたプレーヤーと異なり、既存のゲームアイテムをブロックチェーン上に載せていくというアプローチを取っています。WAXという名称は、Worldwide Asset eXchangeの略称です。
そうした経緯で、技術的な新規性やブロックチェーンコミュニティからの注目度は低いのですが、それでもある単一ドメイン(領域)の既存プレーヤーがパブリックブロックチェーンを活用し存在感を出している事例として非常に興味深いケーススタディであるとも言えます。
公式サイト:https://wax.io/
ホワイトペーパー:https://wax.io/uploads/WAX_White_Paper.pdf
ブロックエクスプローラ:https://explorer.wax.io/

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。