DAO(分散自律組織) を構築するフレームワークであるAragonの概要・仕組み・課題など

目次

  • DAO(分散自律組織) を構築するフレームワークであるAragon 
  • チーム・アドバイザー
  • 創業者
  • Aragonの独自トークンであるANT
  • Aragonを構成する組織構造・団体
  • Aragon Coreの使い方、実際にDAOはどのように作れるのか
  • (将来検討されている実装)DAOで紛争が起きたときに用いられるスマートコントラクト
  • (将来検討されている実装)ANTのトークン価格調整メカニズム
  • (将来検討されている実装)参加率ターゲット
  • ANTに対する考察
  • 総論

DAO(分散自律組織) を構築するフレームワークであるAragon 

本レポートではAragonについて概観します。
Aragonは、Ethereum上で、DAOを構築するフレームワークです。 DAOとは、「Decentralized Autonomous Organization」の略語であり、日本語では「分散自律組織」などと呼ばれます。 
ブロックチェーンで分散性を志向する多くのプロジェクトは、将来、自身の組織やプロジェクトチームをDAO方式に移行することを目指しています。 DAOは、特定の管理者や主体を持たない分散型の組織です。 詳細な定義は曖昧ですが、多くの場合は、スマートコントラクトなどのプログラム可能なコードによって組織の意思決定や紛争を解決できる組織フレームワークだと認識されます。これを実現するには様々な取り決めが必要ですが、特に重要なものとして下記のようなものがあります。
  1. DAO内での意思決定、投票方法はどのようにするか
  2. DAO内のメンバー間で紛争などがあった場合にどのように対処するか
  3. DAOが保持する資金を管理する方法など
Aragonは、主に上記のものを作るフレームワークです。 これによって、例えば筆者が何かプロジェクトを立ち上げたり、Aragonのシステム(Aragon Core)を使用してDAOを構築できるようになります。
また、Aragon自体もDAOで運営されています。
Aregon Webサイト: https://aragon.org/
Aragon ホワイトペーパー: https://github.com/aragon/whitepaper

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。