ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトの本質的価値とはなにか?契約の自動執行という言葉の誤解

目次

  • スマートコントラクトの本質的価値を考える
  • スマートコントラクトという概念がはじめて登場した時
  • スマートコントラクトより”persistent scripts”などの言葉のほうが適切

スマートコントラクトの本質的価値を考える

本レポートでは、ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトの本質的価値について考えます。
Ethereumをはじめとして、ブロックチェーンには、バーチャルマシンを用いてスマートコントラクトを実装出来ることが一般的になりつつあります。
スマートコントラクトについての未来を楽観する人は、保険・不動産・金融取引の多くが、将来スマートコントラクトで実行され、仲介者が不要になるというような予測を述べる人もいます。
実際それを実現することには、オラクル問題を含む多くのハードルがありながらも、現在、Ethereumのトランザクションの多くは何かしらのスマートコントラクトを用いたトランザクションで実行されていますし、MakerDAO・0xプロトコルを用いたDEXでのトークン交換などが出来るのは、全てスマートコントラクトが根底にあるからでもあります。
スマートコントラクトは日本語で説明されるときに、契約の自動執行としばしば表現されます。しかし、契約の自動執行という表現は、スマートコントラクトという概念や本質的価値を、実はわかりにくくする場合が多くあります。
この前提にたち、本レポートでは、ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトの本質的価値を考えます。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。