Ethereum上のMoney MarketプロトコルのCompound Protocolを概観する

目次

  • Compound Protocolの概要
  • Compound ProtocolによるMoney Market
  • Compound Protocolのアーキテクチャ
  • Compound Protocolの利用方法
  • Compound Protocolのガバナンス
  • 総論

Compound Protocolの概要

本レポートでは、Ethereum上のMoney MarketプロトコルのCompound Protocolを概観します。
Compound Protocolは、2018年8月にローンチしたEthereum上で稼働するMoney Marketのプロトコルです。Money Marketとは、一般的に短期金融市場、短期資金を流動させるための市場です。
つまるところ、短期資金の貸出と借入の市場であり、Compound Protocolは、これをスマートコントラクトで行います。ユーザーは、特定のサードパーティーを信頼する必要なしに、任意のETHやERC20トークンを貸出して利息を得ることが出来ます。
または、ユーザーは、任意のETHやERC20トークンの借入をして、借入したトークンを売却・使用・さらに貸出などをすることが出来ます。
Compound Protocolは、Ethereum上で稼働するプロトコルにあたり、サードパーティーのサービスとしては、Compoundのスマートコントラクトにアクセスしてインターフェイスを提供するようなものが複数存在しています。
つまりパブリックチェーン上に存在するミドルウェアプロトコルという位置づけで、dYdXやDharma Protocol、0xなどと同じようなレイヤーにあたると捉えて良いでしょう。
Compound Protocol App( https://app.compound.finance/ )は、Compound Protocol チーム自身が作っている公式のインターフェイスということになります。
同プロジェクトは、2018年5月に、Bain Capital Ventures、Andreessen Horowitz、Polychain Capital、Transmedia Capital、Compound Ventures、Abstract Ventures、Danhua Capital、Coinbase Venturesから$8.2Mをシードラウンドで資金調達しています。
本レポートでは、同プロジェクトについて概観します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。