ステーブルコイン発行のビジネスモデル 何故この レイヤーに投資が集まるのか

目次

  • Stablecoinのイシュアーはどのように利益を得るか(Tetherの場合)
  • Tetherのビジネスモデルはいかに優れていたか
  • Stablecoinのイシュアーはどのように利益を得るか(TrsutoToken社のtrueUSDの場合)
  • クリプトバックの場合(MakerDAOの場合)
  • 今後、Stablecoinの周りで行われうるビジネス
  • 総論
本レポートでは、Stablecoinのビジネスモデルについて概観を行います。
多くのStablecoinが資金調達を行い、この領域のビジネスに取り組んでいることは周知の通りです。
例えば、以下のようなプロジェクトが巨額な資金調達を行っています。
  • TrueUSD :$21,7M
  • MakerDAO:$27M
  • Terra:$32M
  • Reserve:$5M
  • Carbon:$2M
  • CENTRE:$20M
これらは一例でしかなく、Stablecoinのプロジェクトの数は、まだまだ増え続けています。
さらに、これだけの数のプロエジェクトがありながらconbaseとCIRCLEは連携してUSDcoinの普及や、Geminiなど既存の取引所もStablecoinに大きな経営資源を投下しています。
日本国内でもGMOなどが円建てのStablecoinを検討中であると発表しています。
これらのStablecoinのプロジェクトに多くの資金が集まるのは何故か、本レポートではそのレポートのビジネスモデルを概観します。
さらにレポートの後半では、Stablecoinの周りで、今後できる可能性があるビジネスプレーヤーについても考えていきます。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。