中国はビットコインのネットワークにどのような影響を与えるか、および、過去に影響を与えてきたか

目次

  • 空ブロックとGFWの関係、中国マイナーが過去に不正にビットコインをマイニングしていた可能性
  • 中国政府がマイニングプールは検閲できる可能性の検討、マイニングプールが中国に集中をする理由
  • ビットコインの経済圏が大きくなればなるほど、中国政府が検閲するインセンティブも高まる
プリンストン大学とフロリダ大学が、共同研究で「The Looming Threat of China: An Analysis of Chinese Influence on Bitcoin」というレポートを公開しました。
https://arxiv.org/pdf/1810.02466.pdf
プリンストン大学は、比較的早くからビットコインを研究し、Bitcoin and Cryptocurrency Technologies( http://bitcoinbook.cs.princeton.edu/ 、邦訳:仮想通貨の教科書 https://amzn.to/2A6NOqm )を出すなどをしてきたアカデミアです。
今回、同研究から出たレポートからは、中国政府がビットコインに対して技術的にどのような攻撃が可能か、そしてそれを行う動機があるのか、を説明しています。
既知の内容も多いですが、中国が潜在的に持ち得るビットコインへの影響を考えることができる良い素材です。
本投稿では、このレポートの解説を行います。
なお、本レポートの解説は、翻訳ではなく、あくまで要点を抽出した解説ですので、正確に読まれたい方は原文を参照ください。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。