スマートコントラクト監査事業企業の概観、その必要性や市場動向など

目次

  • スマートコントラクト監査の事業性に関するレポート
  • スマートコントラクト監査に関する市場背景や今後期待できる拡大要素
  • スマートコントラクトの脆弱性を突かれる事例
  • スマートコントラクトの監査を遂行する実際の手順について
  • スマートコントラクト監査の主要プレイヤー①:Zeppelin
  • スマートコントラクト監査の主要プレイヤー②:Quantstamp
  • スマートコントラクト監査の主要プレイヤー③:ConsenSys
  • レポート総論 - コントラクト監査はブロックチェーンアプリケーションが増えれば増えるほど需要が見込めるツルハシ事業なのか?

スマートコントラクト監査の事業性に関するレポート

Ethereumのスマートコントラクト監査を事業ドメインにする会社が増えています。
分散型ネットワークでスマートコントラクトを使用する性質上、該当アプリケーションにスマートコントラクトが含まれ、そのコントラクトアドレスにバグがあり、そこを攻撃されるなどした場合、それは基本的に巻き戻しが効きません。
スマートコントラクトの脆弱性により、プロジェクトチームが大きな経済的損失をだした事例は過去に多くあります。
そういった事件を未然に防ぐために、一般的にDappsと呼ばれるものであったり、Ethereum関連のアプリケーションでスマートコントラクトを使用するものは、多くの場合リリース前に監査をいれます。
本レポートでは、スマートコントラクト監査という事業領域の説明や、その市場の有望性や概況などについてまとめます。
インターネットにおいてセキュリティビジネスは様々レイヤー分けされて、インターネットの利用が拡大されるに連れて、サイバーセキュリティ産業の市場規模は拡大し続け、今も伸び続けています。
ブロックチェーンの文脈でもセキュリティは重要な領域になり、取引所のセキュリティ支援や、暗号通貨を安全に保管するカストディと並び、重要なセキュリティ事業がこのスマートコントラクトの監査事業です。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。