クリプトに起こりやすい「技術的期待」と「ビジネス上の過大評価」との間に起こるギャップ構造の考察

目次

  • 前提
  • クリプト、Web3の文脈では新たな技術やソリューション(解決策)となりうるものがもてはやされる傾向があるが実際には誤解や過大評価を含むことがある
  • 誤解や過大評価が起こりやすい要因
  • 新たな技術やビジネス上のソリューションが現れた場合に望ましい姿勢とは何か
  • 総括

前提

本レポートでは、クリプト、Web3に起こりやすい「技術的期待」と「ビジネス上の過大評価」との間に起こるギャップの構造を考察し、どのような姿勢が望ましいのかを検討します。

本文には、筆者の個人的な意見が多く含まれていることを最初に断りを入れさせていただきます。このレポートではクリプト、Web3に関するレポートを執筆する上での経験を通じた実感を言語化することを試みています。そういったテクニカルなテーマについてライティングを行う人間のひとつの所感としてご参考といただければ幸いです。

本レポートを読むことで、自らクリプト、Web3における情報収集を行う際の取捨選択に必要な姿勢についての認識を深めることができるでしょう。

なお、HashHub Researchでは、各レポートから学ぶ前提知識のロードマップを提供することを目指してHashHubアカデミーを展開しています。ぜひご活用ください。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ