レイヤー2の現状とOptimistic RollupのFraud Proofを行うCannonの概要

目次

  • 前提
  • Ethereumのスケーラビリティとガス代について
  • レイヤー2について
  • Optimism Rollup
  • Cannon
  • 総括

前提

本レポートでは、Ethereumのレイヤー2であるOptimismの次期バージョンにおいて、チェーンの正当性を担保するFraud Proofに使われるCannonを解説します。またその前提として、Ethereumのブロック生成の仕組みと、レイヤー2とサイドチェーンの違い、またRollupの仕組みについても簡単におさらいします。
Ethereumのレイヤー2であるRollupはスケーラビリティの改善に期待されている技術です。しかし以前に関連レポートでも触れているように、Rollupは現在開発中でありいくつかの機能は実装されていません。
主にArbitrumやOptimismに使われているOptimistic Rollupは、Fraud Proof(虚偽の証明)を行うことでEthereumと同等のセキュリティを担保する予定です。しかし現状では、Arbitrumではホワイトリストで制限された一部のバリデーターのみがFraud Proofを行うことができ、またOptimismではまだ実装がされていません。
https://l2beat.com/?view=risk
この実装として、OptimismチームがCannonという手法を紹介しました。Cannonは既存の技術をうまく活用することで、コストを抑えながらFraud Proofを行うことができます。

[Exective Summary]
  • Ethereumは分散性を犠牲にしないために、ブロックサイズやブロック生成間隔を意図的に制限している。(ノードの必要スペックが個人でも対応できる程度になっている)
  • レイヤー2はEthereumと同等のセキュリティを担保している。Polygonは独自トークンの価格に依存したセキュリティになるため、レイヤー2ではなくサイドチェーンとする意見が多い。(但しレイヤー2事態の定義が決まっていない点もあり、Polygon公式はレイヤー2と主張している)
  • CannonはEthereumのクライアントであるGethをMIPSにコンパイルし、オフチェーンとオンチェーンの実行を組み合わせることで、Fraud Proofをシンプルかつ低コストに抑えている。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ