Cega | 非中央集権なエキゾチックオプションプロトコル

目次

  • 前提
  • プレーンオプションとエキゾチックオプション
  • Cegaの仕組みと提供商品
  • 総論

前提

本レポートでは非中央集権なエキゾチックオプションの組成を可能とするプロトコルである、Cegaについて解説を行っています。

【Executive Summary】
  • 伝統的金融においてはオプションという予め定められた一定の期間に特定の商品(原資産)を予め定められた価格で取引をする権利を売買する商品があります。
  • オプションの種類にはプレーンオプションと呼ばれるものと、エキゾチックオプションと呼ばれるものがあります。
  • 前者は単純なコール(買い)やプット(売り)の取引を行う基本的なオプションのことです。
  • 後者のエキゾチックオプションとはプレーンオプションに特殊な条件がつけられたものになります。権利行使価格などの決め方に特殊な条件(ルール)がつけられており、代表的なものとしては、バリアー・オプション、ノックアウト、ノックインなどがあります。
  • エキゾチックオプションはプレーンオプションなど複数のオプションを組み合わせて、運用商品や為替の長期ヘッジ商品などとして組成・販売されており、プレーンオプションのみでは生成できない経済条件を顧客へ提供が可能なことから一定のニーズがあります。
  • DeFiの世界においても仲介者を排除した非中央集権のオプションプロトコルが多くあります(Primitive、Hegicなど)。しかしながら、現時点においてこれらのプロトコルは主にプレーンオプションのみを提供しており、エキゾチックオプションを取り扱っているプロトコルは多くありません。
  • そのような状況の中、Cega Finace(セガ・ファイナンス)はSolanaチェーン上で構築された暗号資産を原資産とした、エキゾチックオプションを用いた金融商品を提供しているプロトコルになります。

【参考文献】
ドキュメント:https://cega.gitbook.io/cega/

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。