PRISM | Terraネットワークにおける将来収益のトークン化プロトコル

目次

  • 前提
  • PRISMの概要 | 無期限の利付トークンと将来収益のトークン化
  • pTとyTのバリュエーション考察
  • 総論

前提

本レポートではTerraネットワークにおける将来収益のトークン化プロトコルであるPRISMの仕組みについての解説と、償還期限が無期限の利付トークンの価値を評価する手法について考察していきます。

【Executive Summary】
  • PRISMはTerraネットワーク上における利付資産や、利回りトークンが生み出す将来収益と元本価値を分離して、双方をトークン化するプロトコル
  • PRISMはTerraのネイティブトークンLunaをVault(金庫アカウント)に無期限で預け入れることが可能で、その預け入れたトークンの将来収益をトークン化ができる
  • 償還期限が無期限の利付トークンは永久債に類似するものであり、このイールドトークンについての価値評価について永久債をベースに考察を実施

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。