Skill Wallet|譲渡不可能なNFT IDと役割ベースのDAOガバナンス

目次

  • Skill Wallet概要|役割ベースのDAOガバナンスはなぜ求められるか
  • Skill Wallet NFT ID
  • OSM(Off-chain Signature Mechanism)について
  • 総括
本レポートではSSI(自己主権型ID)プロトコルを謳うSkill Walletを概説します。
Skill Walletプロジェクトの主な焦点は、譲渡不可能なNFTとして表されたデジタルIDとそのIDに紐づく経歴や役割ベースのDAOガバナンスを実現することです。
【Executive Summary】
  • DAOを構成する不特定多数のガバナンス参加者が「何をし得る何者」であるかを他コミュニティメンバーが把握できるようなデジタルIDを付与することを目的としており、その結果として得られるロール(役割)ベースのDAOガバナンスの実現を目指す
  • Skill Wallet NFT IDにはコミュニティ情報、ニックネーム、経歴、役割、OSM(オフチェーン署名メカニズム)のための公開鍵情報等が格納されている
  • NFT ID保有者間のP2Pタスク作成や実行を行う分散コミュニティ(DistributedTownと呼ばれる)をPartner Agreement.solを介して作成、管理する
※なお、Skill Walletは執筆時点ではMumbai(Polygonテストネット)で稼働しており、本番環境ではありません。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ