FantomのLiquidity War-0xDAOのバンパイアアタック-

目次

  • 前提
  • SOLIDLYとve(3,3)の概要
  • veDAOの発生
  • 0xDAOによるバンパイアアタック
  • Fantom Community Alertsによる議論
  • 総括

前提

本レポートでは、Andre氏がエアドロップを発表したve(3,3)に関連して起きている、Fantom上でのLiquidity Warを解説します。ve(3,3)はAndre氏が発表した改良型AMMであるSOLIDLYのトークンで、1月23日にSnapShotを予定しています。配布方法はDeFi LlamaのFantomチェーン上で、TVLがTop20のプロジェクトにエアドロップする予定です。
https://twitter.com/AndreCronjeTech/status/1484451918105784324
これが発表されてからFantomのTVLは、USDベースで一時100%以上上昇しました。
https://defillama.com/chain/Fantom?currency=USD
しかしエアドロップ目的でTVLを上げる事が目的のveDAOや0xDAOが立ち上がり、Fantom中でのLiquidity Warとも言える事態となっています。本レポートではその状況を解説します。
これらのプロジェクトは、用途や価値があまり感じられない独自トークンを高APRで配布してTVLを上げています。しかし2021年12月25日の$SOSを皮切りに始まったエアドロップの乱立と同様で、これらのトークン価格の維持は難しいと思われます。また急ごしらえのプロトコルでセキュリティリスクも大きいため、ve(3,3)や各プロトコルの独自トークンを狙って高額を入れる事は高リスクという事を知っておくべきでしょう。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ