論考・レイヤー1およびスマートコントラクトプラットフォームトークンに関する投資(2022年版)

目次

  • 前提
  • レイヤー1トークンの投資 vs アプリケーションレイヤートークンの投資
  • Ethereumの優位性を懐疑的に論考する
  • 多くの人にとって合理的な投資戦略は何か
  • 総論

前提

本レポートでは2021年末時点の状況を踏まえて、レイヤー1およびスマートコントラクトプラットフォーム系のトークンに関する投資について考えます。
ここでのレイヤー1トークンとは、Ethereum・Avalanche・Solana・Binanceに代表されるスマートコントラクトプラットフォームトークンを総称します。また、あえてスマートコントラクトプラットフォーム系トークンとも称している理由としては、PolygonやFLOW、あるいは将来的にローンチされる可能性があるArbitrumなどにおけるトークンも基本的に本レポートでは同じ扱いで考慮します。以下から、本文中ではスマートコントラクトプラットフォームトークンと名称を統一します。
2021年は、Ethereumキラーとも呼ばれる様々な新興スマートコントラクトプラットフォームが台頭しました。そしてこれらはユーザー数の増加とともに、ネイティブトークンの価値も大きく上昇しています。
今回のレポートでは、これらのトークンの投資についてどのように考えれば良いか現時点での筆者の考えをまとめます。これらスマートコントラクトプラットフォームトークンとアプリケーショントークンのパフォーマンス比較や、パフォーマンスの乖離はなぜ起こっているか、そしてEthereumの優位性について改めて考えることを行っていきます。

※HashHub Researchで配信される全てのレポートおよび、本ポートフォリオ開示は、投資を助言または推奨するものではなく、情報提供と教育のみを目的としています。私たちのサービスを利用したことによる利用者の不利益や投資の損失については、一切の責任を負えないことをご了承ください。お客様が本レポートで参照される暗号資産または関連するアセットに関して投資判断を行う場合は、事前にご自身でリサーチ及びデューデリジェンスを実施していただく必要があります。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ