Belt Financeの概要 イールド最適化が組み込まれたソフトペッグトークン向け分散型取引所

目次

  • 前提
  • Belt Financeの概要 
  • BELTトークンの概要
  • 総論

前提

本レポートではBelt Financeの概要について解説します。
Belt FinanceはBinance Smart Chain上のDeFi(分散型金融)プロジェクトで、レンディングアグリゲーターと分散型取引所を展開しています。
Belt Financeは基本的にはソフトペッグトークン(BUSD、USDT、USDC、DAI、USTなど)を扱うプロジェクトです。様々な種類があるソフトペッグトークンを低い取引コスト(スリッページ)で交換できるようにすることと、各ソフトペッグトークンの資金運用の最大効率化を目指しています。
似たようにソフトペッグトークンに特化した分散型取引所のプロジェクトにEthereum上のCurveと、それをBinance Smart Chain上でフォークしたEllipsis Financeが存在します。
Belt Financeはこれらの仕組みを踏襲しながらも、分散型取引所としてだけでなくレンディングアグリゲーターの機能も同時に展開していることが特徴です。本レポートではBelt Financeの基本概要 、および独自トークンであるBELTトークンについて解説します。
公式サイト:https://belt.fi/
ドキュメント:https://docs.belt.fi/

Belt Financeの概要 

Belt Financeは、ソフトペッグトークンのレンディングアグリゲーター、およびソフトペッグトークン同士の交換をサポートする分散型取引所で、2021年2月にBinance Smart Chain上でローンチしました。
ソフトペッグとは、「基本的に$1前後で値動きすると考えられているトークン」や「BTCを1:1で交換できるトークン」のことを指します。つまり、前者であればCircle社が発行し、銀行口座に保管されている米ドルが担保となっているUSDCやEtherを担保に$1前後に価格を収束させようとしているMakerDAOのDAIが該当します。後者はいわゆる「EthereumあるいはBinance Smart Chain上のBTC」が該当し, Ren ProjectのrenBTCや複数の事業者が発行者となっているWBTC、Synthetix上でSNXを担保に発行できるsBTCのことを指します。
Binance Smart Chainでもエコシステムの拡大に伴い様々なソフトペッグトークンが増えています。例えばドル建て資産ならば、BUSD、USDC、USDT、UST、VenusUSDなどがそれにあたります。あるタイミングでBUSDを保有していても、それがアプリケーションAでは使えてもアプリケーションBでは使えず、USDTと交換したい場面などがでてきます。Belt Financeは、そのようなソフトペッグトークンの交換所および運用を最適化するレンディングアグリゲーターを展開しています。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。