SakeSwapの概要 ILO(Initial liquidity offering)の機能を備えた分散型取引所

目次

  • 前提
  • SakeSwapの概要 
  • SAKEトークンの概要
  • 総論

前提

本レポートでは、SakeSwapの概要について解説します。SakeSwapは、ILO (Initial liquidity offering)の機能を備えた分散型取引所です。
現在、同プロジェクトは自身のポジショニングはCoinList(中央集権型の暗号資産のプライマリープラットフォーム) とスワップ機能を備えた分散型プロジェクトと自称しています。暗号資産の初期売り出しを分散型取引所上で行うことは、IDO(Initial DEX offering)やILO (Initial liquidity offering)と呼ばれます。PolkastarterやBalancerなどがプラットフォームとして使われることが多く、SakeSwapはそのIDOあるいはILO分野で競合しようとするプロジェクトです。ILOとは一般的に、分散型取引所上でトークン初期売り出しを行い、同時に分散型取引所で初期の流動性プールを形成することを指します。資金調達をしたいプロジェクトは所定のルールの従い、SakeSwap上でトークンのパブリックセールが行えます。
SakeSwapは2021年4月現在、EthereumとBinance Smart Chain上で稼働しています。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ