NEAR Protocolの概要 シャーディングや高基準のユーザー体験を備えたスマートコントラクトプラットフォーム

目次

  • 前提
  • NEAR Protocolの基本概要
  • NEAR Protocolの特徴的な技術・機能
  • ネイティブトークンNEARの概要
  • 総論

前提

本レポートではNEAR Protocolの概要について解説します。
NEAR Protocolは、シャーディングやEthereumとのブリッジを備えたスマートコントラクトプラットフォームの独自ブロックチェーンです。トランザクション性能と分散性のスケーラビリティを一定保ちながら、ユーザーエクスペリエンスも優れた新興の独自ブロックチェーンの一つです。2020年4月にメインネットをローンチし、現在稼働しています。
2019年から2021年にはいわゆる「Ethereumキラー」とも呼ばれる多くのブロックチェーンが生まれましたが、NEAR Protocolもその一つです。しかし数あるプロジェクトの中でも比較的コアなフォロワーが多いプロジェクトであり、実際にはEthereumキラーではなくEthereumを補完する性質を持つブロックチェーンです。
今回のレポートではNEAR Protocolの基本概要と特徴的な技術、機能、ネイティブトークンNEARの概要を解説します。
公式サイト:https://near.org/

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。