Alpha HomoraならびにCREAMへの攻撃の概観

目次

  • 前提
  • Homora v2への攻撃手法
  • 今後の返済プランと独自トークン発行のメリット
  • 利用者としての注意点
  • 総論

前提

本レポートではAlpha Homora v2からの資金流出を簡単に解説し、今後も増加するであろうプロトコル同士の協業に関連する課題の説明を行います。Alpha Homora(以下チーム名Alphaと区別してプロダクトをHomoraと表記)への攻撃者は攻撃に必要な情報から内部犯の可能性も指摘されています。また、HomoraはレンディングプロトコルCREAMともプロトコル間で協業しており、今回の資金流出ではCREAM側からHomoraが借り入れた資金が攻撃者の手に渡った形となっており、Homoraは依然としてCREAM側への債務を負っている状況です。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。