Radicleの概要 分散型GitHubを標榜するP2Pコードコラボレーションツール

目次

  • 前提
  • Radicleの概要
  • RADトークンの概要
  • 総論

前提

本レポートではRadicleの概要について解説します。
Radicleは「Collaborate peer-to-peer」を掲げる分散型のコードコラボレーションツールです。分散型GitHubであると言えば分かりやすいでしょう。2020年12月に公開され、その後3ヶ月で1000プロジェクトがRadicleでリポジトリ管理をしています。Open Protocolで開発されており、ユーザーは自身でホストしたサーバーでRadicleを使用できます。
2021年2月にはEthereumとの統合も発表し、ユーザーはオプトインでトークン発行や寄付の受付、DAOのリポジトリ管理などもできるようになっています。
同時期の2021年2月に$12 million(1200万ドル)の資金調達も実施しており、分散型GitHubとしてオープンソースコミュニティや暗号資産系プロジェクトから少しずつ注目が高まっています。
本レポートではRadicleの概要、GitHubあるいはGitLabなど既存のコード管理ツールとの違い、ガバナンストークンRADについて解説します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ