CertiK Chainの概要 DeFiやDappsのスマートコントラクト監査・セキュリティのための独自ブロックチェーンとは

目次

  • 前提
  • 企業としてのCertiKの概要
  • CertiK Chainの概要
  • 分散型スマートコントラクト保険システムCertiKShield
  • ネイティブトークンCTKの概要
  •  筆者考察
  • 総論

前提

本レポートではCertiK Chainの概要を取り扱います。
CertiK Chainは、DeFiやDappsのスマートコントラクト監査・セキュリティのための独自ブロックチェーンです。EthereumやPolkadotなど複数のブロックチェーンに対応したスマートコントラクト監査などを分散型ガバナンスによって実行します。
CertiK Chainはニューヨークを拠点にする企業CertiKが開発をしています。企業としてのCertiKはスマートコントラクト監査を専門とする営利企業です。同時にCertiK FoundationはCertiK Blockchainを主導する非営利団体です。時系列としては2017年に営利企業としてのCertiKが創業。2020年にCertiK Foundationが開始され、同年10月にCertiK Blockchainがメインネットで公開されました。
本レポートでは企業としてのCertiK、およびCertiK Chainの基本概要と仕組み、ネイティブトークンのCTKについて解説します。
CertiK 公式サイト:https://certik.io/
CertiK Foundation公式サイト:https://www.certik.foundation/
ホワイトペーパー:https://www.certik.foundation/whitepaper

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。