暗号資産市場の強気相場の背景にあるニュースやマクロ要因など(2020年9月−10月)

目次

  • 前提
  • 強気心理を示すオンチェーンデータ
  • 機関投資家によるBitcoinの購入推移や関心
  • Bitcoinを購入する上場企業が増加、その背景
  • 金融機関および決済サービスによる暗号資産対応、生活者の行動を変える可能性も
  • デジタルゴールドというナラティブの醸成、デジタルゴールドの先のストーリー
  • 総論

前提

暗号資産市場が強気相場に突入しています。Bitcoinは2020年10月25日には年初来最高値を更新し、140万円台で取引されています。
参照:https://bitflyer.com/ja-jp/bitcoin-chart
Bitcoinを筆頭に値上がりが起こり、その他の主要銘柄も連れ高になっています。
今回のレポートでは、2020年9月−11月における暗号資産市場の強気相場の背景にあるニュースやマクロ要因などを纏めます。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。