Ampleforth(AMPL)の概要  その仕組みや周辺アプリケーションの解説

目次

  • 前提
  • Ampleforth(AMPL)の基本概要
  • ステーキングアプリケーションGeyser
  • 何故ユーザーが殺到したのか、投機的妙味
  • トークンディストリビューション・資金調達と主要投資家
  • Ampleforth(AMPL)の長期的方向性・ロードマップ
  • 筆者によるAmpleforth(AMPL)の論考
  • 総論

前提

本レポートでは、Ampleforth(以下AMPL)について解説します。AMPLは、Ethereum上のDeFi(分散型金融)のプロジェクトです。
AMPLは、コモディティマネーと分散型銀行の2つのコンセプトを内包しています。価格が1ドルにある程度近く推移するよう設計されている暗号資産で、ステーブルコインプロジェクトの一つでもあります。しかしながら、後述しますが、ステーブルコインと表現するには、ボラティリティの幅が大きいことも特徴です。2020年6月から8月にかけては大きな投機的需要も集まり、そのプロジェクトの認知度を大きく上昇させました。
今回のレポートでは、同プロジェクトの概要・2020年8月時点での周辺アプリケーション・およびなぜ投機的注目が集まったのか・加えて筆者による包括的な考察を網羅します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。