マーケティング業者の迷惑メッセージ対策をブロックチェーンで複数事業者で運用するインド通信業界の取り組み

目次

  • 前提
  • インドにおける迷惑SMSや電話における社会課題と問題背景
  • 迷惑メッセージを送る業者を対策するブロックチェーンはどのように稼働するのか
  • スパム対策やブラックリストを複数の事業者を跨いで管理する試み
  • 総論

前提

本レポートでは、マーケティング業者の迷惑メッセージ対策をブロックチェーンで複数事業者で運用するインド通信業界の取り組みについて概観します。
ここで取り扱う迷惑メッセージとは、SMSを用いた詐欺的な投資商品の勧誘、同意を得ないマーケティングなどを指します。インドではこれらの迷惑メッセージが横行しており、インド通信規制局(TRAI・TELECOM REGULATORY AUTHORITY OF INDIA)は、インド通信会社各社と共に、これをブロックチェーンで解決する策を打ち出しました。
このような複数事業者間を跨いだスパム対策のネットワークは潜在的に多くの実用性可能性があります。今回はそういった視点も持ちながら、インドの通信規制局と各通信会社によるプロジェクトを概観します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。