UMA概要 あらゆる金融契約をスマートコントラクトで 実現可能にするDeFiプロトコル

目次

  • 前提
  • UMA概要
  • UMAで形成可能な金融商品の例:Synthetic Token
  • UMAで形成可能な金融商品の例:ユニークな指標に対する投資契約
  • UMA Token
  • クリアリングハウスの機能の自動化がUMAの機能の本質
  • 総論

前提

本レポートではUMAの概要を取り扱います。
UMAは金融契約プラットフォームと説明されており、Ethereum上で稼働するDeFi(分散型金融)のプロジェクトの一つです。UMAの特徴は様々な金融商品を組成できるオープンソースのプロトコルです。
例えば、Apple株やS&P500に連動した値動きをする金融契約をトークン化、年末を期日にした金の先物など、あらゆる金融契約をスマートコントラクトで表現出来るとされています。
今回は、UMAの概要、仕組み、ガバナンストークン、ユースケースを網羅します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。