スマートコントラクトのアップグレーダビリティ -データの不変性と構造の柔軟性の折衷案の近況-

目次

  • 前提
  • 既存の手法
  • 最近の手法
  • 総論

前提

 本レポートでは主にEthereumのスマートコントラクトのアップグレーダビリティ(更新可能性)の近況を概観していきます。ブロックチェーンはデータの不変性を売りにしていますが、一方でバグのないプログラムを書くのは難しいため、プログラムを更新することができなければバグを修正できず、複数のコントラクトから成る一つのプログラムに一つのバグが紛れていた場合でも、全てのコントラクトをデプロイし直す必要が生じます。
そこでスマートコントラクトを更新するにはどのような手法があり、各手法にはどのような利点と欠点があるのかが論じられてきました。
ちなみにアップグレーダビリティは、コントラクト単位で語られますが、ブロックチェーン全体のアップグレーダビリティにも関連してくる話で、例えばEthereum2.0で導入されるBeacon Chain上にコントラクトをデプロイして、このBeacon Chain ContractがEthereumの実行環境を規定する構想があります。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ