トークンを交換するプロトコルであるKyberNetworkの概要・仕組み・エコシステム

目次

  • 前提・KyberNetwork概略
  • 単一のDEXアプリケーションではなくプロトコルを志向
  • KyberNetworkの仕組み、アーキテクチャ
  • KNCトークンの役割、トークン設計
  • KNCトークンのICO及び、ディストリビューション
  • 創業者、チーム、アドバイザー
  • エコシステム・KyberNetwrkのプロトコルを使用するアプリケーション
  • KyberNetworkの将来のDAOへの移行
  • BitcoinをEtheruem上に持ち込むWBTCの取り組み
  • KyberNetwrokの2019年のロードマップ
  • 投資対象としてのKNCの評価・リスク
  • 総論

前提・KyberNetwork概略

本レポートでは、KyberNetworkの概要、仕組み、およびそのエコシステムについて解説します。
同プロジェクトは、Ethereumのオンチェーンで稼働しているトークンをスワップするプロトコルとして、最も主要なプロジェクトの一つです。

同プロジェクトは2017年9月にICOを行い、2018年2月にメインネットでローンチをしました。
その後も精力的なアップデートを続けており、Ethereumコミュニティでは常に中心にいたプロジェクトです。

KyberNetworkについて基本的な仕組みは既に知っている人も多いと思いますが、周辺のエコシステムや将来に予定されているアップデートは多様になっていますので、本レポートではそれらをまとめて概観します。

Ethereum上の主要なプロジェクトの一つであり、UniSwapなども、このKyberNetworkの設計から大きい影響を受けており、依然KyberNetworkは重要なプロジェクトですので、キャッチアップできる内容を努めます。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ