コンソーシアムチェーンの現実の活用状況について

目次

  • コンソーシアムブロックチェーンとは
  • コンソーシアムブロックチェーンの各領域での活用例
今回のレポートにおいては、コンソーシアムチェーンの現在の活用状況について、PoCや実証実験後の流れなどについて、各社が公開している範囲での考察を試みます。
d10n labの読者および仮想通貨業界の多くのユーザーにとってはパブリックブロックチェーンこそがブロックチェーンであるとの考えがマジョリティですが、一方で既存の大企業を中心にコンソーシアムチェーン活用の動きも活発になっており、今後は「ブロックチェーンを追いたい」と考える場合、理想としてのパブリックブロックチェーンを追求するのみではなく、実装の現実的な期待性があるコンソーシアムチェーンについても一定の度合いで理解していくことが重要になると考えられます。
今回の記事は現在のコンソーシアムブロックチェーンの開発の広がりが感じられるよう、コンソーシアムブロックチェーンの各製品や実証実験の例、またそれぞれに関しての開発状況などを調べ、広くケースを集め、分類を試みたものです。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。