ヘッジファンドとVCが、暗号通貨マーケットおよびブロックチェーン業界に与える影響

目次

  • 前提
  • ヘッジファンドとVCへ投資をするLPの資金引き出し制約について
  • ヘッジファンドとVCのファンドマネージャーの異なるインセンティブ構造
  • ヘッジファンドが暗号通貨マーケットおよびブロックチェーン業界に与える影響
  • VCが暗号通貨マーケットおよびブロックチェーン業界に与える影響と、ヘッジファンドとの融合
  • 総論

前提

本レポートでは、ヘッジファンドとVCが、暗号通貨マーケットおよびブロックチェーン業界に与える影響について考察を行います。
クリプトファンドと呼ばれるファンドには、ヘッジファンド型とVC型、そしてその2つを組み合わせたハイブリッド型が存在します。ブロックチェーン業界においては、創業初期のプロジェクトが、比較的短期間でトークンという非伝統的なアセット(資産)を発行し、マーケットで流動性を持つことがあります。そのためこの業界のVCには、伝統的なVCのみをやっているようなモデルも依然あるものの、早期に回収した資金を売却/ショートするヘッジファンドと組み合わせたハイブリッドモデルも多く存在します。
既にそのいずれもが、暗号通貨マーケットに対して大きな影響を及ぼしています。その影響は、トレーダーという立場でのマーケット参加者はもちろん、起業家や各暗号通貨プロジェクトにまで及んでいると筆者は考えます。
本レポートでは、その理由を述べます。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。