Chris Burniskeの暗号通貨バリュエーション手法「Cryptoasset Valuations」を経済用語の解説も合わせて出来るだけわかりやすく紹介します

目次

  • Chrisが初期に打ち出したビットコイン価値説明モデル
  • 暗号通貨評価の背景にある理論
  • 新しいトークン評価モデル~帯域幅トークン・INETを評価してみる~
  • A.INETのトークン流通量を算出する
  • B.INETのエコノミー価値を算出する
  • 所感
暗号通貨の適切なバリュエーション(評価)方法を提案する有名な記事の1つとして、PlaceholderのパートナーであるChris Burniskeが2017年9月に発表した「Cryptoasset Valuations(https://medium.com/@cburniske/cryptoasset-valuations-ac83479ffca7)」があります。
発表から時間が経っており反論記事もいくつか出ていますが、暗号通貨評価の基礎となる考え方ですので、初見の方に向けて出来るだけわかりやすくご紹介できればと思います。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。