世界の10のウォレット事業者を概観する それぞれのウォレットプロバイダがどのようにマネタイズ戦略を考えているか

目次

  • 前提:ビジネスモデルを模索され続けてきたウォレットプロバイダという事業ドメイン
  • 2019Q1のウォレットプロバイダ各社の傾向の整理
  • 総論

前提:ビジネスモデルを模索され続けてきたウォレットプロバイダという事業ドメイン

ブロックチェーン領域においてウォレットビジネスは、長い間マネタイズが難しいと言われてきた事業ドメインです。
顧客はブロックチェーンの秘密鍵を直接管理することになり、それは暗号通貨の管理方法として本来的な形式である一方で、プロバイダ側は中々ビジネスモデルの設計が難しくなるという問題があります。
しかし最近になって、各ウォレットプロバイダがどのようにマネタイズを目指しているか少しずつ具体的になってきたように思います。
また同時に、UI/UXの優れた新しいウォレットも増えています。
本レポートでは、これらを紹介し、ビジネスモデルを仕込んでいると思われるウォレットを10個取り上げ、どのようなプランでマネタイズを練っているかを概観していきます。
数が多いので、それぞれ詳細は割愛しますが、参考になればと思います。
そして、最後に現在のウォレットビジネスの傾向などを整理できればと考えています。
なお、本レポートでは各ウォレットが「この部分でビジネスを作るだろう」という予想も含めて書いていきます。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。