ブロックチェーンを使用したゲームおよび、Non-Fungible Tokenの最新(2018Q4)動向

目次

  • 前提
  • Non-Fungible Tokenの2018Q4時点でのマーケット規模
  • CryptoKittiesの最新動向
  • MyCryptoHerosの実装に見る2019年のブロックチェーンゲームの実装トレンドの予測
  • ERC721トークンのマーケットプレイスや販売方式の多様化
  • ブロックチェーンを使用したゲームのUI/UXを改善しようとする様々な取り組み
  • Etheruem以外のブロックチェーンを利用したゲームについて
  • ゲームを開発するときEthereumとEOSのどちらのチェーンを選ぶか考えるポイントについて仮説
  • ブロックチェーンを利用したゲームがマスにアダプションをするに必要な要素とは何かを考える
  • 総論

前提

本レポートでは、ブロックチェーンを使用したゲーム及び、Non-Fungible Tokenの最新(2018Q4)状況について俯瞰をすることを目指します。
Non-Fungible Tokenについては、CryptoKittiesはじめとしたアプリケーションなどでゲームアイテムなどで用いられるトークン規格であるERC721が一般的です。
概要については、2018年7月に配信をしたレポートはこちらで紹介しています。
*レポート:NFT(Non-Fungible Token)の現状とこれからの応用例(2018年版)
https://hashhub-research.com/articles/2018-06-28-review-nft-market-2018
それから、NFTを用いた応用や周辺の動きは、引き続き活発になっています。
なお、d10n Lab(HashHub)でも、Geomerlin Systems社と共同でレポートをトークン化するというパブリックテストも行ったりしました。
詳細は下記のリンクに詳しいです。
d10n Lab:レポート記事を読める認証キーをブロックチェーン上でトークン化する実証実験へ
https://coinchoice.net/d10n-lab-demonstration-experiment-of-token-on-blockchain/
本レポートでは、こういったNFTトークンや、ブロックチェーンのゲームアプリケーションの最新の状況の理解を深めていきます。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。