資金調達に流動性をもたせ拡大再利用するサイクルを作るVenture Networkについて

目次

  • Venture Networkの概要
  • 資金調達における現状の課題
  • Venture Networkはどのように課題を解決するか
  • ベンチャートークンを取得する5つの方法
  • ベンチャートークンの分配比率
  • ベンチャートークンのICO
  • 主要メンバー
  • まとめ
  • 所感
昨今、証券トークン(security token)が暗号通貨領域で注目を集めています。
現実世界の様々なアセットをトークンに乗せた証券トークンは、(規制次第のところもありますが)今後飛躍的に伸びていくと思われます。
とはいえまだ実際の証券トークンの事例が少なく、イメージがしづらい状況だと思います。そこで今回は、新しい証券トークンの試みの一つである、「Venture Network」というプロジェクトをご紹介します。
(注)本稿はあくまで証券トークンの一事例としてプロジェクトをご紹介するものであって、当該トークンの購入を推奨・斡旋するものではありませんのでご了承ください。

Venture Networkの概要

Venture Networkは、スタートアップが抱える資金流動性の欠如とリスクの問題を、証券トークンとスマートコントラクトにより解決し、スタートアップエコシステムの構築を目指すプロジェクトです。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。