FTX/Alamedaショックを受けたSolanaエコシステムの現状と今後の展望

目次

  • 前提
  • Solana foundationの状況
  • Solanaの現状
  • 開発・コミュニティの動向
  • Solanaエコシステムの展望
  • 考察
  • 総括

前提

FTX/Alamedaの事件から、Solanaエコシステムが大きな影響を受けたことは間違いありません。それはSOL価格やTVLの減少からも明らかですが、これらを持ってSolanaエコシステムがプロジェクトとして失敗したとまで評価することはできないでしょう。たしかに大きな衝撃を受けましたがエコシステムの機能は失っておらず、開発コミュニティも持続しています。

むしろ執筆時点での筆者は、SOL価格の回復NFT取引ボリュームの上昇ミームの登場などで露出する機会が報道で増えているように観測しています。

そこで、本レポートでは事件の影響後のSolanaエコシステムの現状を概観し、感覚ではなく実際の状況をファクトとイベントをベースに把握しつつ、今後のエコシステムの展望について考察を行う特集を提供します。

FTX/AlamedaがSolanaのこれまでの躍進にとって大きな貢献をしたことは事実ですが、今後彼らはSolanaに関わることはなくなるでしょう。ここからが、他のL1チェーンと同様にSolanaの真価が試されるフェーズとなります。Ethereumキラーとして鮮烈に登場したSolanaですが、事件を受けたその後の展望を考察することは、未だ未成熟な部分を抱える暗号資産業界に投資する者にとって注目に値する観点だと筆者は考えています。

なお、FTX/Alameda関連については、以下のレポートで事件の概要を紹介しています。本レポートをお読みいただく前提として、この事件の概要は踏まえてお読みいただくことでより一層理解を深めることができます。
関連レポート:FTX/Alameda事件: 一部始終のまとめと今後の相場への影響

また、Solana Japanでは「FTXの破綻に関わるSolanaエコシステムのファクト集」をSolana foundationのブログを翻訳して公開しています。本レポートは可能な限りこのブログを参照していますので、併せて御覧ください。
参照:FTXの破綻に関わるSolanaエコシステムのファクト集

このレポートは会員登録ユーザー限定のレポートです。

ユーザー登録すると無料で続きをお読みいただけます。

既に会員の方はログインへお進みください。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ