NFTの権利、保存先、生成方法 その比較と分析

目次

  • 前提
  • 概要
  • 著作権、IDの課題
  • NFTの生成方法
  • 総論

前提

本レポートでは有名NFTプロジェクトや有名ブランドが関連するNFTについて、権利、保存先、プラットフォームの分析を行います。最近のNFTブームで一部プロジェクトのNFTの高騰や、有名ブランドがNFTに参入しています。
しかし所有権が注目されるNFTで重要な要素があります。例えば著作権などの作品の権利はNFTを購入しても移らないケースが多いですが、一般的に広く知られていません。また保存先はIPFSなどの分散型ストレージが良いとされていますが、どのプロジェクトが採用しているのか、また高額なNFTでもどのように生成しているかが体系的に分析されている記事は見かけません。
本レポートではNFTで重要な作品の権利、保存先、プラットフォームと生成方法をまとめました。結論としては、NFTプロジェクトの中でも保存先や権利が配慮されていないものがあり注意が必要です。また有名ブランドのNFTでは作品の権利は基本的には個人に移らず、保存先も明記されていないものが多く、一部はマーケットプレイスのコントラクトを使っているという結果になりました。

概要

まず各要素を列挙した表をお見せします。有名NFTと著名人/団体で分類を分け、権利、保管方法、プラットフォームの順に左から並べています。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ