マルチシグ、シャミアの秘密分散法、MPCを概観する

目次

  • 前提
  • マルチシグ、シャミアの秘密分散法、MPC
  • MPC事業の現況
  • 総論

前提

本レポートでは、鍵管理の類型をまとめた上で、MPC(Multi Party Computation)の概観を行います。暗号資産界隈において最も一般的な鍵管理は、1つの鍵で1つの錠を管理するもの(一般的な個人用ウォレット)とマルチシグ(解錠するために複数の鍵が必要)ですが、その他にもシャミアの秘密分散法やMPCなどの方法があります。
これらの方法はエンドユーザーが意識する機会は少ないですが、暗号資産取引所や機関投資家向けのカストディ企業は、それぞれの利点と欠点を理解した上で適切な鍵管理を行っています。本レポートでは、鍵の生成と復元、基盤ブロックチェーンとの依存性、プライバシー等の観点から類型を行った上で、比較的新しい試みであるMPCの概要を共有します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。