政府と公共機関が利用するブロックチェーンの利用事例の概観

目次

  • 政府と公共機関が利用するブロックチェーン
  • 中央銀行のデジタル通貨(CBDC)
  • 土地や会社登記に使用するブロックチェーン
  • ブロックチェーンによるID管理
  • 税務署が納税管理に使用するブロックチェーン
  • 国家によるブロックチェーン戦略
  • 総論

政府と公共機関が利用するブロックチェーン

本レポートでは、政府と公共機関が利用するブロックチェーンについて概観を行います。
ブロックチェーンは、複数のノードによって構築される分散ネットワークです。このネットワークを利用して、改竄が出来ない証明を記録することでビジネスに付加価値を生むことや、複数の企業がネットワークを共有しビジネスフローの簡略化やコスト削減が可能です。これについては下記レポートで解説をしています。
*レポート:ブロックチェーンは具体的に企業のビジネスをどのように変え、どのような付加価値・コスト削減を実現するか?
https://hashhub-research.com/articles/2020-03-01-why-blockchain-matters
これを前提にしながら、政府と公共機関において、これまでどのような課題があって、それをブロックチェーンがどのように解決するか事例を取り上げます。網羅すべき事例が本来沢山あることから、本レポートのみではその全てを概観出来ないことを予め免責しますが、なるべく広く概観出来ることを目指してレポートを構成しています。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。